サービス関連情報

HOME > お知らせ > サービス関連情報 > 2008/08/04

サービス関連情報

メールウイルスチェックサービスの仕様変更について

2008年8月 4日

お客様各位

アルファメールをご利用いただきまして、誠にありがとうございます。

この度、オプションサービス「メールウイルスチェック」機能において、一部仕様変更がございます。
詳細につきましては、下記の内容をご参照ください。

今後ともアルファメールをご愛顧いただけますようお願い申し上げます。

リリース日 2008年8月14日(木)〜15日(金)
※順次ご利用いただけるようになります。
ご利用料金 料金の追加/変更はございません。
仕様変更内容 <メールウイルスチェック>
  • ウイルス添付時の警告メールの件名・本文の変更
■詳細

お客様から送信されたメールにウイルスが添付されていた場合、サーバ側で強制的にメール自体を削除し、送信元に警告メールを配信します。その際、配信されるメールの件名と本文が変更になります。

■従来

件名 「InterScan NT Alert」
本文 アルファメールウイルスチェックにより送信されたメールがウイルスに感染していることを検知いたしました。送信メールは、削除されましたので、送信先には送信されません。

The virus was detected. The mail is deleted and is not transmitted.

Date: Fri, 1 Aug 2008 00:00:00 +0900
Method: Mail
From: <demodemo@demodemo.jp>
To: demodemo@demodemo.jp
File: eicar.com
Action: infected outbound message stopped in quarantine directory
Virus: Eicar_test_file
変更後
件名 「InterScan VirusWall警告」
本文 アルファメールのウイルスチェックにて、送信されたメールからウイルスを検出しました。
当該メールを削除し、送信しませんでした。

The anti-virus system detected a virus in a message sent from you.
The message was not sent ,and it was deleted.

件名:<ウイルス添付メール>

日付: Tuesday, August 19, 2008 07:36:05 PM
検索機能: Mail
送信者: <demodemo@demodemo.jp>
受信者: <demodemo@demodemo.jp>
ファイル: eicar.com
処理: メッセージをブロック
ウイルス: Eicar_test_file
  • 件名を指定してメールの振り分けを行っている場合は、変更をお願いいたします。