サービス関連情報

HOME > お知らせ > サービス関連情報バックナンバー > 2006/02/07

旧サービスのサービス関連情報バックナンバー

一部プロバイダの25番ポート送信規制への対応について

2006年2月7日

お客様各位

平素はアルファメールをご利用いただきまして、誠にありがとうございます。

この度、一部プロバイダにおいて、迷惑メール対策として実施されているメール送信規制への対応についてご連絡致します。
詳細につきましては、下記をご参照いただきご確認ください。

今後ともアルファメールをご愛顧いただけますようお願い申し上げます。

リリース日 2006年2月14日(水)
ご利用料金 基本料金でご利用可能
新機能 Submission Portの対応
◎詳細内容
■Submission Port(587番ポート)の対応

一部のインターネットサービスプロバイダ(以下、「ISP」)において、ISPが提供するメールサーバー以外から、25番ポートを利用したメール送信を規制する「Outbound Port25 Blocking」が実施されています。

これは、不正中継を利用した迷惑メール配信を制限する対策で、お客様が接続されているISPがこの規制を適用した場合、アルファメールのメールサーバー経由でメール送信ができなくなる可能性があります。

よって、25番ポートから送信ができなくなった場合の代替手段として、「Submission Port(587番ポート)」の対応を致します。

【機能概要】
  • メール送信用のポートとして、従来の25番ポートに加え、Submission Port(587番ポート)を利用することができます。
  • Submission Portを利用する場合、SMTP認証を併用する必要があります。
【ご利用方法について】

お申し込みの必要はありません。

現在、SMTP認証(無償オプション)を利用されていないお客様も、メールソフトの設定変更のみでご利用できます。

ご利用方法は、「メールソフト設定」をご参照ください。

【ご注意】

「Outbound Port25 Blocking」は、一部のISPのみで実施されている対策です。また、特定条件で利用されている場合のみ規制対象となります。ご不明な場合は、ご利用中のISPにお問い合わせください。