メールの作成/送信

メールを作成、送信します。

メールを作成/送信する
1
Webメール画面を表示し、 アイコンをク リックします。
※ Webメール画面の表示方法→「Webメール画面を表示す る」
メール作成画面が表示されます。
2
必要事項を入力し、 アイコンまたは「メッ セージを送信」ボタンをクリックします。
発信者
発信者のメールアドレスが表示されます。

※ 「識別情報の編集」をクリックすると、設定画面の識別情報タブが表示されます。
識別情報タブについて→「識別情報を設定する」

宛先
送信先のメールアドレスを入力します。
写し(Cc)を追加
クリックすると、「写し(Cc)」欄が表示されます。「写し(Cc)」欄には、宛先に指定したメールアドレス以外に、同じメールを送信するメールアドレスを入力します。
隠した写し(Bcc)を追加
クリックすると、「隠した写し(Bcc)」欄が表示されます。「隠した写し(Bcc)」欄には、宛先に指定したメールアドレス以外に、同じメールを送信するメールアドレスを入力します。

※ 「隠した写し(Bcc)」欄に入力したメールアドレスは、送り先の相手には公開されません。

返信先(Reply-To)を追加
クリックすると、「返信先」欄が表示されます。「返信先」欄には、送信したメールの返信先を入力します。

※ 発信者のメールアドレス以外に返信してほしい場合に入力します。

フォロー先(Followup-To)を追加
クリックすると、「Followup-To」欄が表示されます。「Followup-To」欄には、メーリングリストの宛先を入力します。
件名
メールの件名を入力します。
添付ファイル
ファイルを添付する場合、 アイコンまたは「添付ファイル」欄の アイコンをクリックしてファイルをアップロードします。

※ 添付したファイルを削除する場合は、 アイコンをクリックします。

「本文」欄
メールの本文を入力します。
※ 入力制限について→「メールの作成/返信/転送」
メールが送信されます。
メールアドレスの指定
宛先・写し(Cc)・隠した写し(Bcc)・返信先(Reply- To)・フォロー先(Followup-To)の各欄に文字を入 力し始めると、その文字を含むメールアドレスが連 絡先から検索され候補として表示されます。
複数のメールアドレスを指定するには
複数のメールアドレスを指定する場合は、半角カン マ(,)で区切って入力してください。
署名の入力
署名を設定している場合、 アイコンをクリックす ることで、設定した署名をメッセージ下部に追加で きます。署名の設定方法については、「識別情報を設 定する」を参照してください。
スペルチェック
Roundcube独自のスペルチェックを行う場合、 ア イコンをクリックします。
回答の挿入
回答用の定型文を設定している場合、 をクリック することで、設定した回答をカーソル位置に追加で きます。回答の設定方法については、「回答用の定型 文を作成する」を参照してください。
Webメール画面に戻るには
メールを送信せずにWebメール画面に戻る場合、 アイコンまたは「取り止め」ボタンをクリックし ます。
メールの詳細設定
アイコンをクリックすることで、開封確認、配送 状態の通知、優先度、送信済みメールの保存先を指 定できます。
連絡先からもメールを作成できます
連絡先画面で連絡先を選択し、メールを作成するこ とができます。詳しくは、「連絡先にメールを送信す る」を参照してください。
メールを下書きとして保存する
作成途中のメールを一時的に保存し、あとから再編集することができます。
1
メール作成画面で作成中のメールを表示し たまま、 アイコンをクリックします。
※ メール作成画面の表示方法→「メールを作成/送信する」
2
「下書き」フォルダーにメールが保存されま す。
下書きとして保存したメールを再編集する
1
Webメール画面を表示し、「フォルダー」の 「下書き」をクリックします。
※ Webメール画面の表示方法→「Webメール画面を表示す る」
「下書き」フォルダーのメール一覧が表示されます。
2
再編集するメールをダブルクリックします。
3
メール作成画面が表示され、再編集できるよ うになります。
※ 入力制限について→「メールの作成/返信/転送」
HTMLメールを作成する
アルファメール2は、HTML形式のメールも作成できます。HTMLを利用すると、文字のサイズや色を変更し、ワープロ文書のような表現が可能となります。
ただし、送信先のメールソフトがHTMLメールに対応していない場合もありますので、あらかじめ確認の上、利用してください。
1
メール作成画面を表示し、画面右下の「テキ スト」を「HTML」に切り替えます。
※ メール作成画面の表示方法→「メールを作成/送信する」
2
HTML形式のメール作成画面に切り替えてよ ければ、「OK」ボタンをクリックします。
HTML形式のメール作成画面が表示されます。
3
必要事項を入力します。「本文」欄の表現を 変更する場合、該当箇所を選択し、ツール バーで変更内容を指定します。
選択した文字の属性(太字、斜体、下線)を変更します。
選択した段落の配置(左寄せ、中央揃え、右寄せ、両端揃え)を変更します。
箇条書きに変更します。
番号付き箇条書きに変更します。
選択した段落のインデントを減らしたり増やしたりします。
文字の表記方向を指定します。
選択した段落を引用に変更します。
選択した文字の色や背景色を変更します。
選択した文字のフォントとサイズを変更します。
リンクを挿入したり解除したりします。
表を挿入します。
特殊文字、画像、メディアを挿入します。
ソースコードを表示します。
文字を検索したり、別の文字に置き換えたりします。
変更内容を元に戻したり、元に戻した内容をやり直したりします。
※ その他の入力方法については、テキスト形式のメールと同 様です。
4
アイコンまたは「メッセージを送信」ボ タンをクリックし、メールを送信します。
Webメール画面に戻るには
メールを送信せずにWebメール画面に戻る場合、 アイコンまたは「取り止め」ボタンをクリックし ます。