転送設定

届いたメールを別のメールアドレスあてに転送します。

転送設定画面を表示する
メールを転送するメールアドレスや、転送する条件を設定する画面は、以下の方法で表示します。
1
利用者メニューを表示し、「転送設定」をク リックします。
※ 利用者メニューの表示方法→「利用者メニューにログイン する」
2
転送設定画面が表示されます。
メールの転送先を設定する
1
転送設定画面を表示します。
※ 転送設定画面の表示方法→「転送設定画面を表示する」
2
必要事項を入力し、「保存」ボタンをクリッ クします。
保存設定
転送後にアルファメール2のサーバにメールのコピーを残すかどうかを選択します。
転送先からのエラー配信を...にする。
転送先からのエラー配信をアルファメール2のメールアドレスで受け取る場合に選択します。
有効/無効
転送設定を有効にするかどうかを選択します。
転送先アドレス
転送先のメールアドレスを入力します。
条件設定
転送の条件を設定できます。

※ 転送条件の設定方法→「メールの転送条件を設定する」

HTML形式のメールを転送した場合、正常に表示さ れないことがあります。
転送のループを防止するため、postmaster・mailer- daemon・mailerdaemonからのメールは転送されませ ん。
転送設定を解除するには
「クリア」ボタンをクリックし、「保存」ボタンをク リックします。一時的に転送を停止する場合などは、 「無効」を選択し「保存」ボタンをクリックします。
保存設定は、転送先アドレスにメールアドレスを入 力している場合に選択できます。
3
「閉じる」ボタンをクリックします。
転送設定画面が表示されます。
メールの転送条件を設定する
1
転送設定画面を表示し、転送先アドレスを入 力します。
※ 転送先の設定方法→「メールの転送先を設定する」
2
転送の条件を設定するメールアドレスの アイコンをクリックします。
転送アドレスの下に条件を設定するための項目が表 示されます。
3
必要事項を入力し、「保存」ボタンをクリッ クします。
条件の範囲
設定した条件のすべてに該当するメールを転送するか、いずれかの条件に該当するメールを転送するかを選択します。
件名
条件を設定する場合は、チェックし、件名を入力します。
From
条件を設定する場合は、チェックし、メールアドレスを入力します。

※ メールアドレスを追加する場合は、「Fromを追加する」をクリックします。

To/CC
条件を設定する場合は、チェックし、メールアドレスを入力します。
日付
条件を設定する場合は、チェックし、期間を入力します。

※ 特定の1日のみを指定する場合は、期間の開始日と終了日を同一の日付にします。

※ 過去日は入力できません。

曜日
条件を設定する場合は、チェックし、曜日を選択します。
時間帯
条件を設定する場合は、チェックし、開始時間と終了時間を選択します。
添付ファイル
添付ファイルを転送するかどうかを選択します。
条件を設定するために「件名」などをチェックする と、条件設定の欄に アイコンが表示されます。
保存設定で「コピーを残さない」を選択し、届いた メールが転送の条件に当てはまらない場合、メール は転送されずにサーバに残ります。
4
「閉じる」ボタンをクリックします。
転送設定画面が表示されます。