共有SSLを利用する

共有SSLは、アルファメール2のドメイン名を利用することにより手軽にSSL通信を利用いただける環境を提供するサービスです。

共有SSLとは
お客様のホームページに共有SSLのURLからアクセスすることで、SSL通信によるアクセスを行うことができます。

※ 公開するホームページのURLを共有SSLのURLに変更するだけで、通常のWebサイトと同じコンテンツを公開できます。このため、コンテンツデータを共有SSLの環境に移動する必要はありません。

※ 通常Webサーバでのみご利用いただけます。

共有SSLのURL
https://[サブドメイン].secure-web.jp/(ファイル名)

※ URLの[サブドメイン]部分は、お客様ドメイン名のピリオド(.)をハイフン(-)に置き換えたものになります。
<例>
demodemo.jpの共有SSLのURL:https://demodemo-jp.secure-web.jp/(ファイル名)

共有SSLのURLは、Webサーバ環境画面から確認できます。

※Webサーバ環境画面の表示方法→「Webサーバの環境を確認する」

共有SSLご利用にあたっての注意事項
■ ファイルのアップロード
公開するホームページデータのファイルは、現在ご利用のFTP転送サーバにアップロードしてください。
※アップロードの方法→「FTPソフトの設定」
■ CGIの利用について
共有SSLを利用したSSL通信でもCGIを利用できます。
※CGIの利用方法→「CGIのご利用について」
■ 容量について
お客様のWeb容量に含まれます。