独自SSL

CSR(証明書署名要求)の作成および、証明書の設定ができます。また既に証明書を取得済みのお客様は、証明書の移設ができます。

独自SSLご利用にあたっての注意事項
他社サービスなどで既に取得済みのサーバ証明書をお持ちの場合、証明書の内容によっては移設できないことがあります。その場合は、証明書を新規取得していただく必要があります。
独自SSLの申し込みからご利用まで

※1 CSR(証明書署名要求)の作成方法→「CSRを作成する」

※2 独自SSLの設定方法→「SSL証明書を設定する」

※3 既に取得済みのサーバ証明書をお持ちのお客様は、「SSL証明書を設定する」から行ってください。

独自SSLは、ホームページを公開している通常Webサーバまたはホームページ簡易作成のどちらかに設定されます。

※ ホームページの公開方法について→「ホームページの公開方法」

CSRを作成する
1
管理者メニューを表示し、「独自SSL」をク リックします。
※ 管理者メニューの表示方法→「管理者メニューにログイン する」
独自SSL画面が表示されます。
2
「CSR の作成」ボタンをクリックします。
3
CSRの作成画面が表示されます。
CSRの作成画面の画面説明

仝什濱瀋蠱罎両斂製颪CSR
すでに証明書をインストールしている場合に表示されます。 をクリックすると、現在設定中の証明書の内容が表示されます。
∈膿靴虜鄒済みCSR
すでにCSRを作成している場合に表示されます。 をクリックすると、作成済みの証明書の内容が表示されます。
8開鍵長
公開鍵長(2048bitRSA)が表示されます。
ぅ灰皀鵐諭璽燹Common Name)
コモンネームを選択します。
チ反ヌ勝Organizational Name)
組織名を入力します。

※ 入力制限について→「CSRの作成」

ι門名(Organizational Unit)
部門名を入力します。

※ 入力制限について→「CSRの作成」

Ч駝勝Country)
国名が表示されます。「JP」は、日本を表すISO国別記号です。
都道府県名(State or Province)
都道府県名を入力します。

※ 入力制限について→「CSRの作成」

市区町村名(Locality)
市区町村名を入力します。

※ 入力制限について→「CSRの作成」

作成
CSRが作成されます。

組織名などは、日本語表記も可能
証明書が対応している場合、組織名、部門名、都道府県名、市区町村名は、日本語での表記も可能です。日本語表 記が可能な項目や登録方法などは、証明書によって異なりますので、ご利用予定の認証局にお問い合わせください。

事前にSSL サーバ証明書の動作を確認するには
各認証局が発行するテスト証明書を利用して、事前にお客様にて動作を確認できます。テスト証明書の発行有無は、 ご利用予定の認証局にお問い合わせください。

最新のCSR(証明書署名要求)で、サーバ証明書の発行申請を行ってください
サーバ証明書の発行を各認証局に申請する際には、必ず最新のCSR(証明書署名要求)を使用してください。
最新ではないCSR(証明書署名要求)によって発行されたサーバ証明書では、独自SSLを設定いただけない場合 があります。

SSL証明書を設定する

・ 独自SSLを設定するには、サーバ証明書の取得が完了している必要があります。

・ 中間認証局証明書のインストールを必要とする場合は、SSLサーバ証明書と同時に画面最下部の「中間認証局証明書」に証明書を貼り付けてください。

1
管理者メニューを表示し、「独自SSL」をク リックします。
※ 管理者メニューの表示方法→「管理者メニューにログイン する」
独自SSL画面が表示されます。
2
「独自SSL設定」ボタンをクリックします。
3
独自SSL設定画面が表示されます。
独自SSL設定画面の画面説明

SSLサーバ証明書
取得したSSL サーバ証明書の-----BEGIN CERTIFICATE-----から-----END CERTIFICATE-----までの内容をコピーして貼り付けます。
中間認証局証明書
中間認証局証明書の-----BEGIN CERTIFICATE-----から-----END CERTIFICATE-----までの内容をコピーして貼り付けます。

※ 中間認証局証明書のインストールが必要な場合は必須です。

※ 連結ファイルを利用する場合は、認証局指定の順序で分割せずに貼り付けてください。

H詭鍵
秘密鍵を選択します。

※ 管理者機能以外の方法でCSRを作成する場合、「秘密鍵を入力する」を選択し、「秘密鍵を表示する▼」をクリックします。入力欄にはSSLサーバ証明書とペアになっている秘密鍵の------BEGIN RSA PRIVATE KEY-----から-----END RSA PRIVATE KEY-----までの内容をコピーして貼り付けてください。

ぅロスルート方式用中間認証局証明書
クロスルート方式用の中間認証局証明書をインストールする場合、クロスルート方式用の中間認証局証明書の-----BEGIN CERTIFICATE-----から-----END CERTIFICATE-----までの内容をコピーして貼り付けてください。

※ 入力する場合は「クロスルート方式用中間認証局証明書を入力する▼」をクリックします。

ナ歛
設定内容を保存します。

常時SSL化を設定する
1
管理者メニューを表示し、「独自SSL」をク リックします。
※ 管理者メニューの表示方法→「管理者メニューにログイン する」
独自SSL画面が表示されます。
2
「常時SSL化の設定」ボタンをクリックしま す。
3
「常時SSLを有効にする」にチェックを入れ、 ふさわしいコモンネームを選択して「保存」 ボタンをクリックします。
すでに常時SSL化されている場合、「常時SSLを有 効にする」にチェックが入った状態になっています。 常時SSL化を止める場合は、チェックを外します。

※ 必要に応じて、.htaccessのバックアップを作成してください。

SSL証明書の情報を確認する
1
管理者メニューを表示し、「独自SSL」をク リックします。
※ 管理者メニューの表示方法→「管理者メニューにログイン する」
独自SSL画面が表示されます。
2
「通常Webサーバ」ボタンまたは「ホーム ページ簡易作成サーバ」ボタンをクリックし ます。

・ 「通常Webサーバ」ボタンをクリックすると、通常Webサーバに設定されている独自SSLの内容が確認できます。

・ 「ホームページ簡易作成サーバ」ボタンをクリックすると、ホームページ簡易作成に設定されている独自SSLの内容が確認できます。

3
設定されている独自SSLの内容を確認しま す。
※ ここでは、「ホームページ簡易作成サーバ」ボタンをクリッ クしたときの表示例を示しています。