DNSレコード設定

ドメインのDNSレコードを編集します。

DNSレコード設定について
DNSレコードを設定することで、アルファメールで取得したドメインと外部のWebサーバを紐付けることができます。Webサーバを自社で運用する際などにご利用ください。
注意事項

・ レコード情報の変更内容についてはサポート対象外となります。

・ レコード情報の変更によって生じた不具合については、弊社では対応いたしかねますのでご了承ください。

・ 変更可能なレコードは、「A」および「CNAME」です。

・ キャッシュの保存時間(TTL)は6時間となっており、変更することはできません。誤った設定を反映してしまった場合、最低6時間、キャッシュの影響でホームページ等が見られなくなる可能性がありますのでご注意ください。

・ SPFレコード(TXTレコード)は、有効か無効かのみ選択できます。任意のIPアドレスへの変更や追加はできません。

DNSレコード設定画面を表示する
1
管理者メニューを表示し、「DNSレコード設 定」をクリックします。
※ 管理者メニューの表示方法→「管理者メニューにログイン する」
DNSレコード設定画面が表示されます。
2
注意事項を確認して「上記確認しました」を 選択し、「進む」ボタンをクリックします。
スクロールバーを操作して注意事項の内容を最後ま で表示すると、「上記確認しました」と「進む」ボタ ンが有効になります。
3
現在設定されているDNSレコードの一覧が 表示されます。
DNSレコード設定画面の画面説明

.曠好般召猟媛
DNSレコードが登録できます。
【登録手順】
1. 「ホスト名の追加」ボタンをクリックします。
2. 必要事項を入力し、「追加」ボタンをクリックします。

※ 入力制限について→「DNSレコード設定」

▲曠好般
サブホスト名が表示されます。
レコード種別
レコードの種別が表示されます。
IPアドレス/ホスト名
IPアドレスまたはホスト名が表示されます。
ゾ態
レコードの状態が表示されます。

・ 設定済み:処理が完了しています。

・ 反映処理中、削除処理中:処理が完了していません。反映時間に処理が行われます。

Υ浜
登録済み内容の変更やレコードの削除が行えます。
【登録内容の変更手順】
1. 登録内容を変更するレコードの アイコンをクリックします。
2. 必要事項を入力し、「保存」ボタンをクリックします。
【レコードの削除手順】
1. 削除するレコードの アイコンをクリックします。
2. 確認画面が表示されるので、問題なければ「削除」ボタンをクリックします。

一覧の表示件数を変更するには
プルダウンメニューで表示件数を選択すると、1 ページの最大表示件数を変更できます。

ページを切り替えるには
一覧の表示が複数ページになる場合、一覧下中央のページ番号をクリックすると、表示内容がそのページのものに 切り替わります。