迷惑メール共通設定

迷惑メールをサーバで自動的に解析・検知する迷惑メール検知(SpamAssassin)機能を設定できます。また、迷惑メールフィルタ(共通フィルタ・個別フィルタ) の利用をアカウントごとに設定できます。アカウント共通で使用できる迷惑メールフィルタとして、共通フィルタを設定できます。

迷惑メール共通設定画面を表示する
迷惑メール検知(SpamAssassin)機能や迷惑メールフィルタ(共通フィルタ・個別フィルタ)の利用をアカウントごとに設定するための画面は、以下の方法で表示します。
1
管理者メニューを表示し、「迷惑メール共通 設定」をクリックします。
※ 管理者メニューの表示方法→「管理者メニューにログイン する」
2
迷惑メール共通設定画面が表示されます。
迷惑メール検知(SpamAssassin)を設定する
メールをサーバで自動的に解析・検知し、迷惑メールと判定した場合に、件名に[spam]の文字列を追加する機能です。
利用者は、メールソフトの仕分け機能などを使うことで、迷惑メールを隔離することができます。

※ 解析・検知のシステムには、SpamAssassinのシステムを採用しています。

※ すべての迷惑メールの検知を保証するものではありません。また、正常なメールを迷惑メールとして検知する可能性があります。

設定変更が可能な機能は、基本サービスの「迷惑メール検知(SpamAssassin)」です。
オプションサービスの「迷惑メール検知(シマンテック)」は、設定を変更できません。

1
迷惑メール共通設定画面を表示します。
※ 迷惑メール共通設定画面の表示方法→「迷惑メール共通設 定画面を表示する」
2
必要事項を選択し、「保存」ボタンをクリッ クします。
迷惑メール検知の設定
迷惑メール検知を有効にするかどうかを選択します。
全ての利用者の件名フィルタに[spam]を追加する
件名フィルタに[spam]の文字列を追加する場合に選択します。
3
「閉じる」ボタンをクリックします。
迷惑メール共通設定画面が表示されます。
処理時刻について
迷惑メール検知(SpamAssassin)の設定は、1日2回 6時と18時に反映されます。
迷惑メール処理を設定する
迷惑メールフィルタ(共通フィルタ・個別フィルタ)の利用をアカウントごとに設定します。

・ 管理者は、すべてのアカウントの利用設定を変更できます。必要に応じて、利用設定の変更前に利用者に連絡してください。

・ 管理者が利用設定を変更した後に、利用者本人が利用設定を変更する可能性があります。

1
迷惑メール共通設定画面を表示します。
※ 迷惑メール共通設定画面の表示方法→「迷惑メール共通設 定画面を表示する」
2
必要事項を選択し、「保存」ボタンをクリッ クします。
共通フィルタの公開
共通フィルタの条件を公開するかどうかを選択します。
メールアカウント
ユーザーのアカウント名が表示されます。

※ 「初期値」は、新たに登録するアカウントに対して設定する初期値になります。

共通フィルタ
共通フィルタの条件を適用する場合に選択します。
個別フィルタ
アカウントごとに設定する個別フィルタの条件を適用する場合に選択します。
サマリメール形式
迷惑メールと判定されて迷惑メールボックスに隔離されたメールの情報の受け取り方法を選択します。
サマリーメールをHTML 形式で受信する場合、「HTML」を選択します。
サマリーメールをTEXT 形式を受信する場合、「TEXT」を選択します。
サマリーメールを受信しない場合、「受け取らない」を選択します。
保存期間(日)
迷惑メールを保存する日数を選択します。

・ 迷惑メールと判定されたメールは、迷惑メールボックスに隔離され、設定した保存期間を過ぎると、自動的に削除されます。

・ 迷惑メールの保存期間は、共通フィルタおよび個別フィルタで共通です。迷惑メール設定画面で利用者が設定した保存期間よりも短く設定すると、利用者本人の想定より早く、メールが削除されることがあります。あらかじめ、利用者に確認してください。

アカウント名を検索するには
「検索」欄にキーワードを入力して「検索」ボタンを クリックすると、該当の一覧が表示されます。
一覧の表示件数を変更するには
プルダウンメニューで表示件数を選択すると、1 ページの最大表示件数を変更できます。
迷惑メールボックスに隔離されたメール を確認するには
迷惑メールボックス内のメールを通常のメールボッ クスに移動したり、メールソフトの設定を変更した りすることで、メールを確認できます。操作方法に ついては、「迷惑メールボックスに隔離されたメール を確認する」を参照してください。
ページを切り替えるには
一覧の表示が複数ページになる場合、一覧下中央の ページ番号をクリックすると、表示内容がそのペー ジのものに切り替わります。
3
「閉じる」ボタンをクリックします。
迷惑メール共通設定画面が表示されます。
すべてのアカウントに初期値を適用するには
設定した初期値をすべてのアカウントに適用することができます。
本操作を実行すると、すべてのアカウントの利用設定が変更されます。必要に応じて、利用設定を変更する前に利 用者に連絡してください。
1
迷惑メール共通設定画面で、「すべてのメー ルアカウントに初期値を適用する」ボタンを クリックします。
すべてのメールアカウントに初期値を適用する画面 が表示されます。
2
初期値を適用してよければ、「適用」ボタン をクリックします。
3
「閉じる」ボタンをクリックします。
迷惑メール共通設定画面が表示されます。