Webメール画面の表示

Webメール画面の表示方法について説明します。

Webメール画面を表示する
1
利用者メニューを表示し、「Webメール」を クリックします。
※ 利用者メニューの表示方法→「利用者メニューにログイン する」
2
Webメール画面が表示されます。
ログイン中のユーザが使用しているディスク容量が、数字と棒グラフで表示されます。
画面の文字サイズを変更できます。変更する場合は、該当のボタン(大・中・小)をクリックしてください。

※ 赤枠で囲まれているボタン(大・中・小)が表示中の文字サイズです。

フォルダを選択している場合、フォルダ名が表示されます。
メールの受信や作成を行います。
メールを保管しているフォルダです。フォルダをクリックすると、該当のフォルダのメール一覧がに表示されます。
アドレス帳を利用できます。
メールを検索できます。
フォルダを選択している場合、「操作の選択」欄が表示されます。
メールの状態(未読・既読)を変更したり、別のフォルダに移動することができます。
選択したフォルダのメール一覧が表示されます。未読メールは、太字で表示されます。
メールをクリックすると、にメール内容が表示されます。
メール一覧の機能については、「メール一覧で利用できる機能」をご覧ください。
メール一覧で選択したメールの内容が、メール画面として表示されます。メール画面については、「メール画面で利用できる機能(通常画面)」「メール画面で利用できる機能(詳細画面)」をご覧ください。
※ ログインした際は、「受信トレイ」の内容が表示されてい ます。
■ Webメールのフォルダ構成
Webメールには、あらかじめ次の基本フォルダが用意されています。
また、ご自分でフォルダの追加・名称変更・削除を行うこともできます。詳しくは、「フォルダの作成」をご覧ください。
「受信トレイ」
受信メールが保管されます。
「送信済みトレイ」
送信メールが保管されます。
「ゴミ箱」
不要メールを一時的に保管します。
「未読トレイ」
クリックすると、各フォルダに保管されている未読メールが表示されます。
未読メールがある場合、各フォルダ名の横に、その件数が表示されます。
「フラグ付き」フォルダ
クリックすると各フォルダに保管されているフラグ付きメールが表示されます。
フラグ付きメールがある場合、フォルダ名の横に、その件数が表示されます。
「下書き」フォルダ
下書きメールが保管されます。
Webメールの使用容量が1GBを超えると、Webメールでメールを受信することができなくなります。

※ 使用容量には、「ゴミ箱」内の容量も含まれます。

メール一覧で利用できる機能
チェックボックス
メールを選択するには、チェックボックスをクリックし、チェックマークを付けてください。複数のメールを選択することも可能です。再度クリックすると、チェックマークが外れ、選択が解除されます。
画面上の全メールを一括選択するには、見出しのチェックボックスをクリックしてください。再度クリックすると、一括選択が解除されます。
添付ファイルがある場合に表示されます。
フラグアイコン
フラグ付きメールにする場合、 をクリックすると、表示色が赤色( )に変わります。目印としてお使いになると便利です。
再度クリックすると、元の表示色に戻ります。
一覧を並び替えるには
日付順(降順)に表示された一覧を、他の表示項 目をクリックして並び替えることができます。
送信者、件名、
サイズ
昇順に並び替えます。
添付ファイルの有無(添付ファイル無・添付ファイル有)の順に並び替えます。
フラグの有無(フラグ無・フラグ有)の順に並び替えます。
もう一度クリックすると、逆順になります。
Webメール画面を終了する
1
「閉じる」をクリックします。
Webメール画面が閉じます。