お役立ち情報

HOME > お役立ち情報 > OP25Bの対処について

プロバイダによるメール送信規制(Outbound Port 25 Blocking)の対処について

社会問題化している迷惑メール対策として、総務省のガイドラインを元に各インターネット接続サービスプロバイダ(以下、「プロバイダ」)において、プロバイダが提供するメールサーバ以外から、25番ポートを利用したメール送信を規制する「Outbound Port25 Blocking」(以下、「OP25B」)が実施されています。
お客様が接続されているプロバイダがOP25Bの規制を適用した場合、アルファメールのメールサーバ経由でメール送信が突然できなくなる可能性があります。

「アルファメール」では、プロバイダが実施しているOP25Bの代替手段として「サブミッションポート(587番ポート)」を利用したメール送信に対応しています。「サブミッションポート(587番ポート)」を利用するためには、SMTP認証のご利用とメールソフトの設定変更が必要です。

OP25Bの規制とは

迷惑メールやフィッシングメールは、プロバイダが提供しているメールサーバを経由せずに、ウィルス感染によって乗っ取ったPCや別のメールサーバから送信されることがほとんどです。よって、標準の送信ポートとして利用されている25番ポートからのメール送信を制限することにより、不正中継を利用した迷惑メール送信を防止する対策です。

なぜプロバイダの対策なのにアルファメールが利用できないの?
アルファメールでご利用されているメールアドレスやサーバを正しく設定されていた場合でも、お客様がインターネットの接続回線として利用されているプロバイダが、ネットワーク上で25番ポートの通信を遮断しているため、送信できません。

サブミッションポート対応とは

メール送信用のポートとして、従来の25番ポートに加え、サブミッションポート(587番ポート)の利用にも対応しています。よって、お客様がご利用中のプロバイダが25番ポートからのメール送信を制限した場合でも、代替である587番ポートから送信することができます。

対処方法

他社のプロバイダをご利用の場合

各メールアカウントにてメールソフトの設定変更が必要です。
(587番ポート)設定方法はこちら

αWebのプロバイダをご利用の場合

「モバイル接続サービス(WiMAXコース)」をご利用のお客様のみ、各メールアカウントにてメールソフトの設定変更が必要です。
(587番ポート)設定方法はこちら

各プロバイダのOP25B実施状況

下記のサイトに各プロバイダの実施状況が掲載されています。

【参考】OP25B(Outbound Port25 Blocking)実施状況

財団法人 日本データ通信協会

実施状況等につきましては、アルファメールのサポートセンターではお答えしておりません。